カフェイン中毒という言葉の本来の意味とは?

昨日コーヒーを飲みすぎたために…今日は寝不足です。

私は子供のころからカフェインに弱いらしく、人より少ない量でも睡眠に影響してしまいます。

一度気になって調べたのですが、カフェイン中毒という言葉は、どうやら「やめるのを止められない」という症状ではなく、「カフェインに極端に影響されてしまうこと」を指すようですね。
(友人や家族に話しても、誰も知らないようなので、少し自信は無いのですが…)

なんでも、カフェインを摂取すると、動悸や息切れがしたり、手が震えたり等の症状が出る方もカフェイン中毒というそうです。
カフェインが人体へ及ぼす影響の例えとして、クモに薬物やカフェインを与えた実験の画像を見たのですが…
違法とされている薬物に比べ、カフェインを摂取したクモが圧倒的に変な形の巣を作っていました。(寧ろ網の形をしていませんでした)

もちろん、健康へ良い面もたくさんあり、ただ単に「弱い人は弱い」とのことだそうです。
実際私も睡眠に影響はでますが、コーヒーを飲むと頭が冴え、普段以上に集中できて、とても助かっています。

ただ、夕方や夜に飲んでも良い方法があれば、是非教えて欲しいものです。キレイモ 無料カウンセリング